英会話での相槌!「うんうん」「そうだね」「私も」を英語で?

英会話での相槌、いつも “I see.” や “I understand.” ばかりでワンパターンになっていませんか。

英語の相槌となる表現はたくさんあるので、バリエーションを増やしておきましょう。

相槌上手だと会話も盛り上がりやすくなります。

日本人は相槌が多いと言われますが、英語圏でももちろん人により様々です。

ただ、必要以上に相槌が多いと、失礼になり相手が不快になることもあるかもしれません。

程よく相槌があった方が話しやすいという人もいるので、話の区切りのいい要所で、程よいリアクションが取れるといいですね。

相手の話を遮るほどの多すぎる相槌はしないようにするといいでしょう。

英会話での相槌!「うんうん」「そうだね」「私も」を英語で!

英会話の合間の「うんうん」の意味となる相槌

・Uh-huh

・Aha

「ンフ」「アハ」のように読みます。

日本語の「うんうん」のような感じです。

★その他の「うんうん」の意味となる相槌表現

・Yeah / Yeh(イャー / イェー)

・Yup.(ヤップ)

・Ya.(ヤ-)

どれも ”Yes” がくだけたものでカジュアルなので、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面では使いません。

日本語では「うん、うん」や「はい、はい」などと、言葉を繰り返す傾向がありますが、英語で “Yes, Yes.” や “Yeah, Yeah.” と何度も繰り返すのは使い過ぎになります。

相手に不快と思われる可能性があるので、適度に使うようにしてください。

「分かりました。」了解、理解したことを伝える表現

・OK.

・I got it.

・I see.

・I understand.

・That make sense.

”I got it.” は省略して “Got it” とも言います。”OK.” “(I) got it.” はカジュアルな表現です。

“That makes sense.” は相手の言っている事のつじつまが合い、納得した上での「理解した」「なるほど」となります。

逆に “Does it make sense?” と聞かれたら「理解した?」の意味です。

「確かです。」「正しいです。」と言う時の表現

・That’s right.

・That’s true.

・Indeed.

“Right.” “True.” だけでも言えます。

“Indeed” はフォーマルな印象です。特にイギリス英語ではよく使われます。

どれも「正しいです。」「確かです。」の意味ですが、後に “but…” と続けて反対の意見を言うこともできます。

「その通り!」完全に同意している時の表現

・Yes!

・Totally.

・I agree.

・Exactly.

・Definitely.

・Absolutely.

・Seriously.

どれも「その通り!」「間違いない!」と言いたい時に使えます。

“Yes!” “Totally!” は、カジュアルな印象です。

相手に同意するときの英語表現!

「本当に?」驚いた時に使える表現

・Really?

・Is that so?

・Seriously?

・No way!

・I can’t believe it!

“Really?” は「本当に?」“Is that so?” は「そうなの?」

“Seriously?” は語尾を上げて質問調にすると、「本当に?」と驚いている意味で使えます。

“No way!” は「ありえない!」「まさか!」

I can’t believe it!” は「信じられない!」の意味で、驚きを表現できます。

「いいね!」と言いたい時の表現

・That’s good / great / nice / cool / awesome!

・Sounds good / great / nice / cool / awesome !

・Good for you!

・I’m happy / glad to hear that.

“That’s ~” “Sounds ~” は他にも様々な形容詞を入れて応用できます。

“Sounds ~” は相手の話を聞いて「良さそうだね!」

“Good for you” は相手に対して「良かったね!」と言いたい時に。

「残念です。」同情、悲しむ時の表現

・That’s too bad / tough / terrible / awful.

・I’m sorry to hear that.

“I’m sorry to hear that.” は「それは残念です。」

“I’m sorry.” だけでも「残念です」の意味になります。

「私も!」と言いたい時の表現

・Me too!

・Me neither.

・So do I/am I.

・Neither do I/am I.

・Same here.

・Likewise.

否定形の時は “neither.” になるので注意です。

“So(Neither) do I/am I.” のSo(Neither) の後ろにくるものは、相手が使った動詞や時制によって変わります。※

”Same here.” ”Likewise.” は「同様に」「同じく」=「私も」の意味となります。

“Same here.” はカジュアルな表現です。

“Likewise” はフォーマルな言い方で、特にイギリスでよく使われる表現です。

※”So(Neither) do I / am I” の例文

I like Italian food.

(イタリアン料理が好きです。)

So do I!

(私も!)

I watched the latest movie yesterday.

(昨日は最新映画を見たよ。)

So did I.

(私も。)

I’m tired.

(疲れた。)

So am I.

(私も。)

否定文の時は “so” の部分が “Neither” に変わります。

I don’t like spicy food.

(辛い食べ物は好きじゃないです。)

Neither do I.

(私も。)

最後に

いかがでしたでしょうか。

たくさんの相槌の表現があるので、会話の場面に合わせて使いこなせるようになりたいですね。相槌のタイミングを映画や海外ドラマでチェックしてみるのも良い参考になります。

ぜひ自分でも積極的に使うようにしてみてくださいね!

オンライン英会話比較!人気の5社を無料体験してみました!

【オンライン英会話】初心者でもフリートークを効果的に楽しむ6つのコツ