「気持ち分かるー!」を英語で?”I know” 意外の共感表現10選

「気持ち分かる―!」と相手の話に共感した時に英語で “I know.” や “I understand.” ばかり使っていませんか?

英語で共感する時の表現は他にもたくさんあるので、バリエーションを増やして会話の語彙をグンと広げましょう。

「わかるー!」を英語で?”I know” 意外の共感表現10選

1、I know how you feel.

「あなたの気持ち分かるよ。」という意味です。

“I know exactly how you feel.” と強調してもよく使われます

“I know that feeling.” も同じ意味なので一緒に覚えておくといいでしょう。

Every time I have an exam I can’t sleep the night before because I’m nervous.

(試験前は緊張していつも眠れないんだ。)

I know how you feel.

(気持ち分かるよ。)

2、I know what you mean.

「あなたの言っていることの意味がよく分かるよ。」という意味です。

What if a big earthquake happened? I’m so worried.

(もし大きい地震が起きたらどうする?すごく心配だよ。)

I know what you mean.

(分かるよ。)

3、I feel you.

“I know how you feel.” の省略したもので、カジュアルな表現です。

I can’t stop eating chocolate even though I’m on a diet .

(ダイエット中なのにチョコレートを食べるのをやめられない。)

I feel you.

(分かるよ。)

4、I hear you.

共感の相槌で、「そうだよね。」「わかるよ。」の意味となりカジュアルです。

場合によっては、ただの相槌として使われ、特に共感していなくても使われることがあります。”I hear you, but…” と反対意見を言う場合にも用いられます。

He doesn’t listen to other people at all.

(彼は人の話を全然聞かないんだ。)

I hear you, but why don’t you try talking to him again?

(分かるよ、そんなんだよね、でももう一度彼と話してみたら?)

5、I got you.

「あなたの言っていること分かるよ。」というニュアンスのある表現でカジュアルです。

I can’t stop thinking about him and I can’t focus on my work.

(彼のことばかり考えちゃって仕事に集中できないの。)

I got you.

(分かるよ。)

6、It/That happens.

「それは起こる」の意味。相手の起こった状況に対して「よく起こることだよね、分かるよ。」というニュアンスです。

I’ve left my lunch box in the kitchen. I got up early in the morning to make it and everything.

(お弁当、台所に置いてきちゃった。朝早く起きてつくったのに。)

It happens. Let’s go out and eat somewhere instead!

(あるよねー、分かる。どこかで外食しようよ!)

7、I’ve been there (too).

自分も同じ経験をしたことがある場合に使います。

「同じ経験をしたことがあるから、あなたの気持ちがわかるよ。」と言いたい時に使える表現です。

語末に “too” や “as well” をつけると「私も」のニュアンスが更に明らかになります。

I feel lonely since my cat passed away.

(ネコがいなくなってからすごく寂しいの。)

I’m sorry to hear that. I’ve been there, too.

(それは残念です。私もそうだったから、よく分かるよ。)

8、Been there, done that.

“I’ve been there, I’ve done that.” の省略で、「私も同じ経験をしたから、よく分かるよ。」という意味。

“Been there.” だけで言うこともあります。カジュアルな表現です。

I made my boyfriend angry because I was late for a date.

(デートに遅れて彼を怒らせちゃった。)

Been there, done that. Apologizing would be the first step.

(わかるー、私もやったことあるよ。まずは謝ることが一番だよ。)

9、Tell me about it.

「それについて教えて」という意味ですが、話の状況によって「わかるー。」の意味で使われます。

自分も同じ経験をしていて共感できる時に使われる表現です。

I fell asleep during the meeting. It was so boring.

(会議中に居眠りしちゃったよ。つまらなかったんだ。)

Tell me about it. It makes you tired, right?

(わかるー。すぐ眠くなるよね。)

10、I can relate to that.

“relate to~” は「~に関連している」「関わる」の意味ですが、“can relate to~” は「~に共感する」「~のことがよく分かる」という意味です。

“to that” を省略しても使えます。

”I can totally relate.” や “I can so relate.” と強調して、「すごくよく分かるよ。」となります。

I get depressed on Monday mornings.

(毎朝月曜日は憂鬱になるよ。)

I can totally relate!

(よく分かるよ!)

最後に

いかがでしたでしょうか。

次から英語で「わかるー!」と共感したい時には 、いろいろな表現を使ってみてくださいね。

相手に同意する時の表現も合わせてご覧ください。

相手に同意するときの英語表現!