「~がほしい」「~がしたい」 “I want~” の代わりになる英語表現12選!

英語で「~がほしい」「~がしたい」と言えば “I want~” を真っ先に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

“I want~” は決して間違いではなくネイティブも使う表現ですが、少し直接的で子供っぽい表現でもあり、使いすぎには注意したいところです。

そこで今回は “I want~” 以外に、言い換えられる英語の表現を12個ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

「~がほしい」「~がしたい」“I want” の代わりに言い換えられる英語表現12選!

1、I would like/love~

“I want~” よりも丁寧な表現です。

“I’d like~” と略して言うことが多いですが、”I would like~” と略さずに言うことで、より丁寧な印象になります。

“I would love to~” にすることで、「~したい」ことをより強調できます。

特に、誰かの提案に対して「ぜひしたいです。」の答えとして使われます。

I’d like some coffee.

(コーヒーがほしいです。)

I would like to go on a trip somewhere.

(どこかに旅行へ行きたいです。)

Would you like to grab a drink tonight?

(今夜、飲みに行きたいですか?)

I’d love to!

(ぜひ行きたいです!)

2、I could use~

“I could use ~” は「~だったらありがたい」=「~してほしい」、「~がほしい」となり “I want~” より遠回しな表現で、丁寧な言い方になります。

「~が必要です。」の意味にも相応する表現です。

“really” を加えて強調した表現もよく使われます。

I could really use your help.

(本当に手伝ってほしいのですが。)

I could use a cup of coffee.

(コーヒが一杯ほしいのですが。)

3、I could do with~

“I could use~” と同様に、丁寧でフォーマルな表現です。”really” が入ることで、より強調された表現となります。

「ぜひ~がほしい(必要)です」「~があればありがたい」の意味です。

I could really do with a cup of tea.

(紅茶が欲しいです。)

I could really do with your help.

(手伝っていただけると本当にありがたいです。)

4、I could go for~

「~がすごくほしい」「~がすごくしたい」の意味でカジュアルな表現です。

“go for~” が「~を求める」の意味となります。

I could go for a burger and coke.

(ハンバーガーとコーラがほしい。)

I could really go for a drive.

(ドライブに行きたい。)

5、I’ll go for~

“I’ll go for ~” で、特にいくつかある選択肢の中からひとつを選ぶ時に使えるフレーズで「~にします。」「~がほしいです。」の意味です。

レストランのメニューの中から選ぶ時などによく使えます。

I’ll go for chicken.

(チキンにします。)

I’ll go for this cake.

(このケーキがほしいです。)

6、I feel like~

「~したい気分です。」「~の気分です。」のニュアンスで「~したい」を表します。

“I want~” よりは弱い意思表示となりますが、日常でよく使われる表現です。

“I feel like ~ing” もしくは、”I feel like 名詞” の形で使われます。基本的に名詞を用いる場合は食べ物が入ります。

I feel like Sushi.

(寿司が食べたい気分だな。)

I feel like going for a walk.

(散歩に行きたい気分だな。)

What do you feel like doing?

(何がしたい気分?)

I don’t feel like doing anything.

(何もしたくない気分だな。)

7、I’m in the mood for~

“I feel like~” と同じく、「~したい気分です。」「~の気分です。」の意味として使います。

I’m in the mood for watching movies at home.

(家で映画を観たい気分です。)

I’m in the mood for fish.

(魚が食べたい気分です。)

I’m in the mood for a nap.

(昼寝がしたい気分です。)

What are you in the mood for?

(何がしたい気分ですか?)

※状況によって「何が食べたい気分ですか?」の意味にもなります。

8、I’m craving for/to~

“I’m craving for 名詞” か “I’m craving to 動詞” の形になります。

「すごく~がほしい」「すごく~がしたい」「欲しくてたまらない」で、強い欲求の表現になります。

「無性に~がしたい」の意味にも訳される表現です。

I’m craving for chocolate.

(無性にチョコレートが食べたい。)

I’m craving to eat something right now.

(今すぐ何か食べたい。)

9、I’m dying for/to~

日本語の「死ぬほど~したい」と同じニュアンスで、強い欲求を表す表現です。

「~したくてたまらない」「~が欲しくてたまらない」とも訳されます。カジュアルな表現です。

I’m dying for french fries.

(フライドポテトが死ぬほど食べたい。)

I’m dying for a nap.

(昼寝がしたくてたまらない。)

I’m dying to drink.

(お酒を飲みたくてたまらない。)

I’m dying to see you.

(君に会いたくてたまらない。)

10、I’d kill for~

“I’d kill for~” は直訳は「~のために殺す」で、 ”I’m dying for~” と同様にカジュアルな言い方なので、仲間内で使います。

「何が何でも欲しい」というニュアンスで、「~を手に入れるためなら何でもする」という意味にもなります。

I’d kill for chips.

(何が何でもポテトチップスが食べたい。)

I’d kill for new clothes.

(新しい洋服がほしくてたまらない。)

A million girls would kill for this job.

(何百万人の女子は、この仕事のためなら何でもするわ。)

映画『プラダを着た悪魔』より

11、I’m up for ~

“I’m up for~” は「~に前向き」のようなニュアンスで、「~したい」の意味となります。

そこまで強い欲求ではなく、「~したいなぁ」という感じです。

特に質問で使われることが多い表現です。

I’m up for Italian food tonight.

(今夜はイタリア料理が食べたいな。)

Are you up for a swim?

(泳ぎに行きたい?)

Yes, I’m up for it.

(はい、行きたいです。)

Are you up for going on a hike?

(ハイキングに行きたいですか?)

Yes I am.

(はい、行きたいです。)

12、I fancy ~

“I fancy~” と言うと、イギリス英語で「~したい」「~がほしい」の意味として使われるカジュアルな表現です。

I really fancy a cup of tea and scones.

(紅茶とスコーンがすごくほしい。)

Do you fancy some pudding?

(デザートがほしいですか?)

※イギリス英語で「デザート」は “pudding” です。

アメリカ英語では “dessert”

I fancy going outside tonight.

(今夜は出掛けたい。)

最後に

いかがでしたでしょうか。

フォーマルな場面で使えるものもあれば、カジュアルな場面で使う表現もあるので、話し相手や場所などの状況に応じて使い分けてみてください。

いろいろな表現を覚えて使えるようになると、英語を話すことが楽しくなってきますね!