「じめじめする」は英語で?蒸し暑い時に使える英語!【例文付き】

日本語の「じめじめする」は「湿度が高く、不快な様子」を表す表現です。

類義語には、「蒸し暑い」「ジトジトする」「ムンムンする」などがあります。

どれも梅雨の時期から夏にかけて頻繁に耳にする言葉ですね。

これらの言葉を英語で、どう表現するかご紹介します。

例文の日本語は全て「じめじめする」に統一していますが、「蒸し暑い」を初めとし、「ジトジト」「ムンムン」「ムシムシ」などの言葉にも応用ができます。

「じめじめする」は英語で?蒸し暑い時に使える英語の例文

「湿気」は英語で

「湿気」「湿度」は英語で “humidity”【hjuːmídəti 】と言います。

“humidity level” はよりフォーマルな言い方の「湿度(水準)」になります。

湿度が高い/低いは、”high” と ”low” で表します。

The humidity in Japan is very high during the summer.

(日本の湿気は夏の間、とても高い。)

The humidity in Europe is lower than in Japan.

(日本よりヨーロッパの湿度は低い。)

The humidity level is 78% today.

(今日の湿度は78%です。)

1、Humid

形容詞の “humid” 【hjúːmid】 は、湿度が高く時に使える代表的な言葉で「湿度が高い」「(天候、空気などが)湿っている」の意味です。

「蒸し暑さ」を伝える時は「暑い」の意味の “hot” と一緒に言うことが多いです。

“hot and humid” は、湿気で「じめじめ」「ムンムン」していることが伝わります。

“hot” と一緒でなくても、so / very / too などを加えることで強調ができます。

It’s so humid and uncomfortable in this room.

(この部屋、じめじめしすぎて不快です。)

Summer in Japan is very hot and humid.

(日本の夏は、とても暑くてじめじめしています。)

2、Wet

“wet”【wét】 は「濡れた、湿った」という意味で、特に雨が降っている時のじめじめ感を表せます。

湿度が高くて、空気が湿っている様子。

「暑い」の意味の “hot” と一緒に使うと「蒸し暑い」となり、梅雨のじめじめ感がより伝わるでしょう。

The air is hot and wet!

(空気がじめじめしている。)

The wet weather makes me depressed.

(じめじめした天気は、憂鬱になります。)

3、Damp

“damp”【dǽmp】は、湿度が高くて不快なことを表す言葉です。

気温は関係なく、使います。

発音は「ダンプ」ではなく、「ダァンプ」のようになることに注意してください。

“humid” とほぼ同じ意味ですが、よりネガティブな意味を含みます。

“humid” が「天候、空気」などに対して使うのに対し、”damp” は天候以外のものにも使えます。

 

damp ground(じめじめした地面)

damp clothes(じめじめした衣服)

damp hands(じめじめした手)

 

This room is so damp! Turn on the AC!

(この部屋すごくじめじめしている。エアコンをつけて!)

It was rainy and damp today.

(今日は雨でじめじめしていた。)

4、Muggy

“muggy”【mʌ’gi】はカジュアルで、くだけた言葉です。

蒸し暑く、空気がじめじめしていて、不快であることを表せます。

他にも「暑苦しい」「うっとうしい」の意味になり、真夏のひどい暑さを言う時ににぴったりです。

“muggy” だけで「蒸し暑い」の意味となりますが、“hot” と一緒に使うことで、さらに強調できます。

It was hard to sleep last night because it was hot and muggy.

(じめじめしていて昨晩は眠れなかった。)

I wanna stay home today, because it’s too muggy outside!

(今日は家にいたいよ、外はじめじめすぎる!)

5、Sticky

“sticky”【stíki】は「ベタベタする」「べたつく」の意味がある言葉です。

その他にも、「ネバネバする」の意味もあり、さまざまな場面で使えます。

”stick”「貼り付ける」の形容詞です。

名詞の ”sticker” は「ステッカー」で日本語にもなっているのでイメージしやすいでしょう。

天候に関して言うと、湿度が高くてべたつくような空気のことを指し、「ベタベタする」「じめじめする」の意味になります。

It’s quite sticky today.

(今日はかなりじめじめするね。)

I really don’t like this hot and sticky weather.

(このじめじめする天気は本当に好きじゃないよ。)

6、Stuffy

“stuffy”【stʌ’fi】はカジュアルな言い方で、空気が蒸していて不快であることを表します。

もともと “stuff” は「詰まっている」の意味なので、空気がムンムンして息が詰まるようなイメージです。

The basement is terribly stuffy. I can’t stand it!

(地下室はひどくじめじめしている。耐えられないよ!)

Summertime here is hot and stuffy.

(ここの夏は暑くてじめじめします。)

最後に

いかがでしたでしょうか。

じめじめ、ムシムシ、蒸し暑い日はまだまだ続きますね。

この夏は今回紹介した言葉を、ぜひたくさん活用してみてください!

「夏バテ」は英語で何て言う?夏の暑さを伝える英語表現の例文