飛行機の乗り継ぎに失敗!そんな時どうする?実際にした英語のやりとり

こんにちは。今回が今年の初投稿です。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

私は去年の12月22日から、夫の実家があるスウェーデンの小さな町に来ています。夫は、私よりひと足先に帰国していたので、飛行機での旅はひとりでした。

 

日本からスウェーデンまでの直行便はないので、どこかで乗り継ぎをしなくてはなりません。私は今回、エミレーツ航空を選び、スウェーデンまでやって来たのですが、実は乗り継ぎに失敗して、乗り継ぎ場所のドバイで6時間1人で時間をつぶす事となってしまいました。

 

そこで今回は、飛行機の乗り継ぎに失敗した時にどのように英語で対処すればよいかを書いていきます。

 

f:id:daozi:20200107205233j:plain

  

飛行機の乗り継ぎに失敗!実際の英語での会話

 

 

まずはなぜ乗り継ぎに失敗したのかを説明しておきます。

 

それは単純に乗り継ぎ時間が1時間15分と短かった上、日本からドバイまでの飛行機が遅れてしまったためです。ドバイからストックホルムまでの出発時間は8時30分で搭乗時間は8時10分でした。ドバイに飛行機が着陸したのは7時50分くらいだったと思います。

 

実は私、何も考えていなくて飛行機から降りるまで時間がギリギリだったことに気付いていませんでした。遅れているというアナウンスも特になかったと思います。

 

飛行機から降りて8時の時計を目にして、やっと時間がないことに気付きました。

 

幸いなことにセキュリティチェックは混んでいなかったのでスムーズに通ることができました。

 

そこからかなり急いで搭乗ゲートまで向かいましたが、運悪くゲート口が遠かった…。

 

8時20分くらいに着き、「10分くらいなら大丈夫かも。」なんて甘いことを考えていました。が、もう飛行機に乗ることはできませんでした。

 

皆さんも乗り継ぎ時間が短いフライトには充分注意してください。

  

搭乗ゲートに残っていたのは、男性スタッフ2人だけでした。

 

そこでの会話をご紹介します。

 

実際の会話 

 

私:Hello! 

 

搭乗券を渡して、

 

私:Can I take this flight ? 

 

スタッフ:Where did you come from?

Where was your baggage checked in?

 

私:I’m coming from Japan.

I checked in my baggage at Haneda airport.

 

パスポートを渡して、スタッフがコンピューターで調べます。

 

スタッフ:Your flight has gone, you have to go to gate 18.

 

私:????What????

 

スタッフ:Next flight is in the afternoon at 3:30. You can get the ticket at 18 gate.

 

私:Really???

……..

(心の中)Oh my gosh… 

 

この時私は重大な聞き間違いをしていました。

 

18(eighteen) を80(eighty) と思っていたのです。

 

私がぶつぶつ 80,80… とつぶやいてたら、スタッフの1人がスマートフォンを出してGoogle翻訳を使って日本語で教えてくれました。

 

「あなたは18ゲートに行かなくてはなりません。」

 

私の間違いに気付いたスタッフとGoogle翻訳のおかげで、80番ゲートを探してウロウロせずに済みました。 

 

18番ゲートは、エミレーツ航空のカウンターでした。列が少しだけあって、自分の番を待っている間は次の便を無事にとれるのかどうかとても心配だったのと、空港のFree Wi-fi がなかなかつながらず、早く夫に連絡しなくてはという気持ちで、この時もかなり焦っていました。

 

航空会社カウンターでの実際の会話

 

私:I missed my flight and would like to get on the next flight, if possible.

 

スタッフ:Ok,  passport please.

 

カチャカチャとスタッフがコンピューターを確認して、難なく次のフライトが取れました。もちろん前のフライトが遅れたために、乗り遅れたので料金は無料です。

 

スタッフ:This is a meal voucher, please use it for breakfast.

 

空港内で使える食事券をもらいました。

 

これでひと安心。

空港のFree Wi-Fi もようやくつながり、夫に知らせようとした時、新しい搭乗券にはドバイ時間の出発時間しか書いてなかったので、スウェーデンの到着時間が知りたい…。

 

時間を計算すれば、だいたい分かりましたが、念のため確認をしに、もう一度エミレーツ航空のカウンターに戻って聞きました。

 

私:What time is arrival in Swedish time?

 

スタッフ:7PM

 

私:Ok, thanks.

 

午後12時に到着予定だったのが、午後7時ということで、大幅に予定変更です。

後から夫の話しでは、家の掃除ができたから逆に良かったと言われましたが。

 

乗り継ぎがうまくできなくて、次のフライトに変更になったことを夫に伝えると、「荷物はどうなっているか確認した?」と聞かれました。

 

そういえば搭乗ゲートでスタッフに荷物はどこでチェックインしたかを聞かれて、コンピューターで確認していたので大丈夫なのだと思うけど、念のため確認しておこうと、もう一度エミレーツ航空のカウンター18番ゲートへ。

 

荷物の確認

さっきと違うスタッフだったので、フライトを変更をしたことから伝えました。

 

搭乗チケットを見せながら、

 

私:Actually, I missed my flight and I’m going with this flight instead.

Could you tell me if my baggage was on the last flight or will be on this one?

 

搭乗チケットとパスポートを見せてスタッフが確認。

 

スタッフ:This flight.

 

私:Ok, thanks.

 

私は何度もカウンターに行ってしまいましたが、1度で済むようにしておきたいですね。

 

フライト変更で確認しておきたいこと

・現地の到着時間

・荷物の確認

 

とりあえず気持ちも落ち着いたので、もらった食事券を使って軽食を取ることにしました。

 

実際の食事はこちら。Costa cofeeにて。

f:id:daozi:20200407144531j:image

 

ツナサンドイッチとバナナを選びました。バナナ以外は、リンゴかマフィンを選べます。

  

食事を終えて少しゆっくりした後、ちょっと早いけど次の搭乗ゲートへ向かおうと思い、歩き始めましたが、それがすごく遠くて30分くらいは歩いた気がします。端から端まで歩いた感じでした。

 

早めに移動しておいて良かったです。こういう場合は、早めに搭乗ゲートの場所の確認をしておくことをおすすめします。

 

すごく疲れていたので出発まで、搭乗ゲートのすぐ近くのベンチに座って休んでいました。

 

ドバイ国際空港は静かな空港を保つためにアナウンスはほとんどありません。そのため、ゆっくり休むことができました。

 

こうしてドバイ時間、午後3時30分発の飛行機には無事に搭乗することができました。

 

飛行機はガラガラで、3人席を1人で座っていました。これなら次の便が取れるかどうかの心配は全く不要だったようです。

 

最後に

何かトラブルがあった時は、慌てず冷静に自分の置かれている状況を把握することが大事です。

乗り継ぎに失敗するなんて全く考えていなかったので、私は今回すごく焦ってしまいました。それでも次のフライトに乗れたのはラッキーだったと思います。ドバイに1泊…なんてことにならなくて良かったです。

乗り継ぎ時間が短い方が楽だとは思いますが、短すぎるのは要注意です。 みなさんも気を付けてください。