30歳から始める英語学習 Smilenotes

初級~中級レベルの英語の学習方法などについて書いています

『クマのプーさん』を英語で読んでみよう!【おすすめの本】

みなさんきっと、『クマのプーさん』は知っていますよね。

ディズニーのプーさんを思い浮かべる人も多いと思いますが、今回は1926年にイギリスで出版されたA.A.ミルンによるオリジナルのプーさんの本についてご紹介します。

読書の秋に『クマのプーさん』でもいかがですか?

f:id:daozi:20191031134326j:plain

クマのプーさん』って?

1926年にイギリスで出版されたアラン・アレクサンダー・ミルンAlan Alexander Milne)による児童小説です。英語タイトルは、"Winnie-the-Pooh" です。その日本語タイトルが『クマのプーさん』。

ウィニー・ザ・プー』は聞いたことあるのではないでしょうか?ディズニー版では "Winnie the Pooh" とハイフンがなくなった形になっています。ディズニー版の日本語タイトルは『くまのプーさん』。「クマ」の部分が平仮名になっています。

ディズニーに初めてプーさんが登場したのは1966年のことで、原作が出版されてから40年後です。作者のミルンが亡くなった後もあります。

ディズニーのプーさんは世界中で大人気になりましたが、当時のイギリスではあまり人気にならなかったようです。40年間イギリスの文化として読み継がれてきたプーが突然、顔が変わってアメリカ訛りの話し方になってしまえば、受け入れられないのも仕方ないかもしれませんね。

ただ、ディズニーによって、原作の "Winnie-the-Pooh" の物語が世界中に広まり、現在でも人気の本となっているということも事実です。

プーさんの本の挿絵

"Winnie-the-Pooh" の挿絵を担当したのは、アーネスト・ハワード・シェパード(Ernest Howard Shepard)という挿絵画家です。ミルンの書いた本、全ての挿絵を担当しています。

ミルンはシェパードにどのような挿絵にするか、大きさ、形、位置までとても細かく指示を出して出来上がっています。

実際にプーさんの挿絵の配置などは、とても工夫されています。文章と挿絵はセットで、この2つがあってプーさんの本が完成となっているのです。

例えば英文は左から右に読んでいくので、文字に対応するように、挿絵の登場人物も左から右に動くように描かれます。挿絵は物語の単なるおまけではなくて、物語の一部なのです。

f:id:daozi:20191031200126j:plain

ここでは、文字が登場人物のカンガの動きに合わせて動いています。

プーさんの本シリーズ

プーさんの物語は、シリーズでたくさんあるのでは?と思うかもしれませんが、実はA.A.ミルンによるオリジナルのプーさんの本は、"Winnie-the-Pooh"(日本語タイトル『くまのプーさん』)と、1928年に発表された "The House at Pooh Corner"(日本語タイトル『プー横丁にたった家』)の2冊だけです。

英語レベルの目安はTOEIC470点、英検準2級程度のようです。ネイティブ対象年齢は9歳から12歳とされています。

Winnie-the-Pooh

クリストファー・ロビンが父親に、クマの話をするようお願いをして、プーさんと森の仲間たちの物語が始まります。

この本には10のエピソードが含まれています。

"The House at Pooh Corner"

"Winnie-the-Pooh" の続編で、同じく10のエピソードが含まれています。

第1章では、プーさんとピグレットが、自分の家を持っていないイーオーのために家を建ててあげるというお話です。その家のある場所を2人は、"Pooh Corner" と名付けました。

クマのプーさん』の原点となる本『ぼくたちがとてもちいさかったころ』

プーさんの本は2冊と書きましたが、プーさんの原点となる本があります。"Winnie-the-Pooh" の前に発表された "When We Were Very Young" 『ぼくたちがとてもちいさかったころ』という本で、A.A.ミルンが子供向けに書いた詩集です。

この中にはプーさんに出てくる男の子「クリストファー・ロビン」に似た挿絵がたくさん出てきます。 プーさんに似たクマの絵も、ほんの少しあります。この詩集がイギリスで大変人気になり、その後に "Winnie-the-Pooh" が発表され、話題となったのですが、当時は "When We Were Very Young" の売り上げには届かなかったそうです。



2冊目の詩集『ぼくたちは6歳』

"Winnie the Pooh" の翌年、1927年に "Now We Are Six" 『ぼくたちは6歳』という詩集が発表されました。 この詩集が出版されると、2か月で "Winnie-the-Pooh" の売り上げを上回ってしまいました。 今では逆となっていますが、当時は詩集の方が人気が高かったようです。 "Now We Are Six" の挿絵にはプーさんによく似た絵はあるものの、直接プーさんについて書かれている詩集というわけではありません。



くまのプーさん』を英語で読む前に

"Winnie-the-Pooh" を読む前に、ぜひ読んでほしい本があります。

NHK出版から出ている本で、タイトルは『「くまのプーさん」を英語で読み直す』という本です。

著者はイギリス人のドミニック・チータムという方で、2000年にはNHK『テレビ英会話』にも出演していたことのある英語講師です。

この本は言わば、プーさんの2冊の物語、"Winnie-the-Pooh" と "The House at Pooh Corner" を読むためのガイドブックのようなものです。ここまでプーの物語について、詳しく解説されている本は他にありません。

構成は3部で出来ていて、第1部はプーの生みの親、A.A.ミトンについて書かれています。第2部では、"Winnie-the-Pooh" について、第3部"House at Pooh Corner" について詳しく解説しています。

英語の解説だけではなく、物語の背景や登場人物の性格、イギリス文化までこと細かく、知ることができます。プーの物語には、それほど難しい語彙が出てくるわけではありません。

ただ、語彙の細かなニュアンスやイギリス文化・習慣などを知っていないと、いまいち理解しづらい部分もあります。それをうまく補ってくれるのが、この本なのです。

この本は、もうすでにプーさんの本を英語で読んだことがある方にもおすすめです。この本を読めばきっともう一度、英語でプーさんを読んでみたくなるでしょう。

第1章から全ての章の解説があるので、原本と交互に読み進めていくのがおすすめです。

まとめ

プーさんの物語には、劇的な展開はありませんが、素朴でほっこり癒されます。E.H.シェパードの挿絵も素敵ですよね。私はディズニーのプーさんも好きですが、このクラシックなプーさんが大好きです。みなさんはどちらがお好みですか?

ぜひこの秋の読書に、英語でプーさんに挑戦してみてくださいね。

こちらもおすすめです。

www.komichit.com