30歳から始める英語学習 Smilenotes

初級~中級レベルの英語の学習方法などについて書いています

これって英語?英語と意味が違う和製英語6選 飲み物編

 普段使っているカタカナの言葉、英語っぽいけど実はその言葉、日本でつくられた、日本人のための、日本でしか通じない言葉かもしれません。それは「和製英語」と言われるもので、れっきとした日本語です。英語圏ではこれを "Japanese-English" や "Japanglish" と呼びます。この "Japanese-English" が英語圏に伝わり、逆輸入されることも時々起こります。

今回は飲み物に関する和製英語を6つ取り上げます。

f:id:daozi:20191107124832j:plain

 

飲み物の和製英語6選 

 

 

ブレンドコーヒー

coffee blend

 

日本でよく言う「ブレンドコーヒー」は違う産地で採れた2種類以上の豆を掛け合わせてつくるコーヒーのことです。日本のカフェやレストランなどでは「ブレンドコーヒー」という言葉を見かけることがよくありますが、英語圏では日本ほど「ブレンドコーヒー」に対する言葉が多く使われていないです。お店で注文する時、特にこだわりがなければ、通常 "coffee" だけになります。

ブレンドコーヒーと英語で言いたい場合は "coffee blend" となります。

例えば、"I like coffee blend of Java and Brazil beans." (ジャワとブラジルのブレンドコーヒーが好きです。)のように使えます。

"blended coffee" と言う言葉もありますが、どちらかと言うと氷と混ぜたフラッペや、生クリーム、モカチョコレートやアイスクリームをのせたもので、デザート感覚的なコーヒーのイメージになります。

 

ちなみに "coffee" の発音は基本的にアメリカでは「カーフィ」イギリスでは「コーフィ」になり、どちらも最初の「カ」と「コ」にアクセントを置きます。

 

アメリカンコーヒー

weak coffee

 

アメリカンコーヒー」は豆を浅めに焙煎したもので多めのお湯で抽出されます。酸味は強めで「ブレンドコーヒー」よりも、すっきりした味わいです。

 

アメリカンコーヒー」は日本でしか通じない和製英語です。由来に関しては確かではないですが、戦後のアメリカで浅く焙煎したコーヒーがよく飲まれていたという説があります。

 

コーヒーショップのメニューに "Americano" がよく見られますが、これはエスプレッソにお湯を加えてエスプレッソの苦みを抑えているものです。「アメリカンコーヒー」とは違うものになります。

 

アメリカンコーヒー」のようなコーヒーを言う時は "weak coffee" になります。 "weak" は「弱い」の意味です。

 

ウインナーコーヒー

 coffee with whipped cream

 

「ウインナーコーヒー」というのは、日本では「ウィーン風のコーヒー」でコーヒーにホイップクリームのせたコーヒーのことを言います。「ウィンナコーヒー」や「ウィンナーコーヒー」の表記も見られます。

 

ウィーンではコーヒーに白いクリームがのっているものがよく見られます。 "Einspaenner"(アインシュペンナー)という名で呼ばれているものが、「ウインナーコーヒー」に近いもので、コーヒーと同量の生クリームがのせられ、カフェなどで飲まれています。

 

「ウイーン風コーヒー」は、英語では "Vienna coffee" (ヴィエナカーフィ)か "Viennese coffee" (ヴィエニーズカーフィ)になります。

 

ただ、ウィーン風のコーヒーがどんなものか知らない場合もあると思うので、"Coffee with whipped cream" と言うと良いでしょう。

 

「ウインナーコーヒー」はドイツ語の "Weiner" (ヴィーナー)が転訛して「ウインナー」となったもので、完全に日本語発音です。

ちなみにドイツ語で「コーヒー」は "kaffee" (カフェー)なので、ドイツ語で「ウイーン風のコーヒー」 は "Weiner kaffee"(ヴィーナーカフェー)となります。

 

"Weiner" はドイツ語で「ウイーンの」と「ウインナーソーセージ」の意味がありますが、英語では「ウィーンの」は "vienna" で、"weiner" は「ウィンナーソーセージ」の意味です。

 

タピオカミルクティー

bubble tea

boba tea

Pearl Milk Tea

 

最近流行している「タピオカ」は、英語でも外来語として "Tapioka" の名で知られています。タピオカ自体のことは "Tapioka pearls" や "Tapioka balls" と呼ばれます。

「タピオカミルクティー」は、地域によって様々な呼び方があります。

「泡」という言葉を使って "bubble tea" と言う場所が多いようです。

他にカリフォルニアなどのアメリカ西部では、"Boba tea" と呼ばれています。この呼び名は、中国語からきたものです。 

本場の台湾での呼び名で、 "Pearl Milk Tea" と呼ぶ場合もあります。

英語では "milk tea" という呼び方自体しないのですが、この台湾からの "Pearl Milk Tea" の影響で "milk tea" という呼び方がされるようになっています。そのため、 "milk tea" と言えばタピオカが入っている可能性があります。 

「ミルクティー」は英語では、"tea with milk" です。

 

ロイヤルミルクティー

tea

tea with milk

 

"Royal milk tea" は「英国風のミルクティー」の意味で和製英語です。

イギリスでは、ミルクの入った紅茶が一般的なので、"tea" と言えばミルク入りの紅茶が出てきます。ミルク無しの紅茶は "black tea" と言います。逆に "white tea" と言うと、中国の茶葉の「白茶」というお茶のことになってしまうので注意しましょう。

誤解がないように伝えるには "tea with milk" と "black tea" を分けて使うとよいでしょう。 

 

日本独自の「ロイヤルミルクティー」の定義は、直接ミルクで紅茶の茶葉を煮出します。ただ、イギリスでこのような作り方が主流というわけではありません。料理のレシピなどを見ると "Japanese Royal Milk Tea"(日本風のイギリス式ミルクティー)と書かれているものもあります。日本風なのかイギリス風なのか分からなくなっていますね。

 

サイダー

soda

pop

fizzy drink

 

アメリカで "cider" と言えば「リンゴジュース」の意味になります。イギリス、ヨーロッパなどでは「リンゴのお酒」です。日本では「シードル」と呼ばれるもので、この発音はフランス語からきたものです。書き方は "cidre" 。

アメリカでは "hard cider" と言うと「リンゴのお酒(シードル)」の意味になります。

 

「炭酸飲料」という呼び方を直訳すると "carbonated drink" となります。もうひとつ、"soft drink" も「炭酸飲料」の意味です。レストランメニューでは "soft drink" と書かれているものが多いです。

 

他にもっとカジュアルな呼び方もあります。地域に呼び方の違いがあり、ニューヨークなどのアメリカ北東部やカリフォルニア州では "soda"、 アメリカ中西部では、"pop" 、南部では "coke" と呼ばれることが多いです。これはコカ・コーラ以外の炭酸飲料でも "coke" と言います。

"pop" は炭酸のフタを開ける時に聞こえる音が由来となっています。

 

イギリスでは "fizzy drink" と呼ばれています。"fizz" が「シュシュッと音を立てて泡だつ」という意味です。

 

 

まとめ 

今回もややこしいものがたくさんありました。

日本に限らず、言葉というのは国や地域によって変わってしまうことがよくあります。

そのせいで、ややこしくなって混乱してしまうのですが、そこが言語のおもしろい点でもありますよね。違いを知ることで、その国、その地域の文化や習慣も知ることができます。

言葉の違いを知ることを楽しみながら、語彙力もアップさせてみてください!