30歳から始める英語学習 Smilenotes

初級~中級レベルの英語の学習方法などについて書いています

カタカナ表記と英語の発音が違う海外の有名人9選

海外の有名人の名前はカタカナ表記がされていますが、実際に英語で聞くと違いがあることに気が付きます

英語を完全にカタカナで表すことは難しく、そのため発音の違いが生まれるのは仕方ありませんね。

それに、他の国の言葉も英語読みすることが多く、人物名までも呼び方が変わってしまいます。

一方、日本語の表記は人物の母国語の読み方をもとに、カタカナ表記にします。

そのため、全く違う発音になってしまうことも!

YouTube で発音を聞けるようしたのでぜひチェックしてみてください。

YouTube動画を見る時は、画面を軽くタッチしてから再生ボタンを押してください。)

f:id:daozi:20200408231657j:plain

カタカナ表記と発音が違う有名人9選

スカーレット・ヨハンソン

Scarlet Johansson

 

アメリカでは「スカーレット ジョハンソン」と呼ばれています。

「ヨハンソン」は父方のデンマーク系の読み方。

「スカーレット」の名は『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラが由来。

 0:54 あたりで発音の確認ができるので、聞いてみてください。

 

ユマ・サーマン

Uma Thurman

アメリカ合衆国の女優。

"Uma" はチベット語からの由来の言葉。

英語圏では「ウーマ サーマン」と呼ばれています。

動画では冒頭の 0:05 あたりで「ウーマ」と言っているのが確認できます。 

  

 

ペネロペ・クルス

Penélope Cruz

スペイン出身の女優。

英語発音で言うと「ペネロピ クル-ズ」のようになります。

動画では 1:45 あたりで呼ばれているので聞いてみてください。何度か「ペネロピ」と言っています。

人によってはスペイン語読みで「ペネロペ」と言う人もいます。4:41 あたりでは「ペネロペ」に近い呼び方でした。

 

シャーリーズ・セロン

Charlize Theron

南アフリカ出身の女優。父はフランス系で母はドイツ系。

「シャーリーズ スロゥン」のような感じに呼ばれています。

英語圏の人たちでも発音が難しいようですね。0:30 あたりから名前の発音について話しています。カタカナにするのも難しいです。

 

 

セレーナ・ゴメス

Selena Gomes

 アメリカ合衆国の歌手、女優。

「セレーナ」より「セリーナ」の方が近いです。

 ジェニファー・アニストンも何度もセリーナと呼んでいました。

動画は最初の 0:03 で「セリーナ」と呼んでいるのが聞こえると思います。

 

 

レオナルド・ディカプリオ

Leonard DiCaprio

アメリカ合衆国の俳優。

名はレオナルド・ダ・ヴィンチに由来。

イタリア語読みでは「レオナルド」ですが、英語読みでは「リオナルド」の方が近くなります。 

動画は1:04 や 1:40 あたりで音の確認ができます。 

 

 

マシュ―・マコノヒー

Matthew MaCononaughey 

アメリカ合衆国の俳優。 

「マシュー マコノヘイ」のように発音します。

動画は最初から見るとすぐに名前の発音を聞けます。

「マシュー」というのも少し違いますね。  

 

キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

Catherie Zeta Jones

 イギリスの女優。

発音は「キャサリン ジ-タ ジョーンズ」の方が近くなります。

動画では 0:15 あたりで確認できます。 

 

 

ドリュー・バリモア

Drew Barrymore

アメリカ合衆国の女優。

「ド」よりも「ドゥ」で、「ドゥリュー バリモア」と発音します。

 動画では 0:10 あたりで確認ができます。

 

 

最後に 

いかがでしたか。

国によって名前の読み方が変わってしまうのは、なんだか不思議ですね。

日本人の名前も海外の人にとっては難しいことがあるので、みなさんの名も海外に出たら変わってしまうかもしれませんね!