30歳から始める英語学習 Smilenotes

初級~中級レベルの英語の学習方法などについて書いています

【スカンジナビア航空利用・コペンハーゲン経由】日本からスウェーデンへの旅路メモ(前編)

いろいろ事情があり、夫とは1月から約2ヶ月離れて暮らしています。スウェーデンと日本の遠距離婚。

 

1月の時点で3月はスウェーデンにある夫の実家で一緒に過ごすことを決めていて、エアチャイナでチケットを予約していました。もちろんそれはコロナウィルスの影響でキャンセル。

 

www.komichit.com

 

その時はここまでコロナウィルスが拡大すると思っていなく、その後すぐにSASスカンジナビア航空)でチケットを取り直しました。

 

不安な気持ちを持ちながらも、予定通り4月13日にスウェーデンへ無事に到着して、現在は彼の実家で過ごしています。変更があるかもしれませんが、1ヵ月程ここで過ごす予定です。

 

夫の実家は都心から離れた場所にある、人口約2,000人弱の小さな村です。スウェーデンと聞いて想像するような北欧風のおしゃれなカフェやレストランなどはありません。

 

森か湖の周りを散歩するのが気持ちいいのですが、天気もあまり良くなかったので、来てから2日間は1歩も外に出ず、家に引きこもっていて、昨日やっと散歩に出てきました。

 

今回は新型コロナウィルス渦中の、成田空港からストックホルム・アーランダ空港までの旅路を記録として書いていきます。

 

今日は前編として、『成田空港からコペンハーゲン空港までの旅路』です。

 

成田空港~コペンハーゲン空港まで

 

 

成田空港の様子


f:id:daozi:20200316223600j:image

チェックインは並ばずにすぐにできました。

 

SASのカウンターの周りは私以外に男性1人しか見られませんでした。

 

セキュリティチェックと出国手続きを済ませ、中に入ると私が予想していたよりは人がいると感じました。(あくまでも私の予想よりは、という意味です。)

 

日本に旅行へ来ていて帰国する人たち、旅行者らしき日本人たちも少し見られました。若い人しかいませんでしたが。

 

あとは仕事で海外に行く必要がある人か、海外に住んでいる人かと思います。

 

空港内にはアルコール消毒剤が所々に置いてあり、使用できます。

 

 

SASスカンジナビア航空)機内の様子

 

スウェーデンまでの直行便はないので、デンマークの首都、コペンハーゲンで乗り継ぎです。コペンハーゲンまでは約11時間30分の旅。

 

コペンハーゲンに行くにはスウェーデンの首都、ストックホルムを通り越して行き、コペンハーゲンからストックホルムへ戻ることになります。ちょっと不便ですよね。

 

2020年、今年の夏には直行便がANAによって開設するそうです。

 

機内に乗ると、割合は日本人より外国人の方が多かったです。

 

日本人は私を含め、1人で乗っている人の方が多かったです。

 

旅行者らしき若者男性4人のグループが1組だけ見られました。

 

 

座席は? 

 

席は真ん中の列の通路側でしたが、隣の4席全て空席。通路を挟んだ左側の2席も空席。

通路を挟んだ右側の2席には2人座っていましたが、後で席を移動していたので離陸後は空いていました。横一例は私1人に。

 

 

サービスは?

 

サービスは、、、機内で極上のおもてなしを受けたい人にはおすすめしません。決して日本のサービスとは比べない方が良いでしょう。

 

機内食ビーフでした。機内食はよく2種類のメニューから選ぶことが多いと思いますが、SASにはこの選択はありません。

 

ベジタリアンや宗教上の食事やグルテンフリーは出発の24時間前までに公式サイトでオーダーできます。

 

 

f:id:daozi:20200316223703j:image

 

もちろん人によりますが、客室乗務員は目も見ずに機械的に食事を運んでいるだけで、私が "Thank you" と言っても、もうすでに私の横にはいないという感じでした。

 

 

機内での過ごし方

 

機内の楽しみと言えば、映画鑑賞!

 

アナと雪の女王2』( Frozen2 )と『ボヘミアン・ラプソディー』(Bohemian Rhapsody)を観ました。2つとも日本語音声があり、日本語字幕はなかったです。

 

英語音声、英語字幕を選択。

 

この2つの映画でたまたま同じセリフを発見しました。

 

"Will you marry me?"

 

プロポーズの定番表現です。

 

www.komichit.com

 

それ以外の時間は、音楽を聴いたり、Kindle で本を読んだり、目を閉じて休んだりしていました。 (機内ではいつもあまり眠れません。)

 

そして予定より少し早くコペンハーゲンに到着しました。次の出発時間までは3時間くらいあるので、少しゆっくりできそうです。

 

最後に「手洗い、うがいなどをし、引き続き楽しい旅をお過ごしください」と日本語のアナウンスがありました。

 

ここまではすごく順調。前回のようなことにはならなそうです!

 

www.komichit.com

 

コペンハーゲン空港

 

コペンハーゲンに到着し、まずはセキュリティチェックを済ませました。

 

次に搭乗口の確認をしようとモニターを見たら、あれ??

 

私の乗るフライトを見ると、"Cancelled" と書いてあります。

 

キャンセル?

 

何度も見直してみましたが、間違いないようです。

 

キャンセルです。。。

 

どうしよう!?

 

入国審査

 

とりあえず、入国審査をしてから新しいフライトを取り直さないとなりません。

 

暗い気持ちで、"All passport" と書いてある審査の場所へ。列はなく、人はほとんどいませんでした。

 

黒人の怖そうな女性が審査官。

 

"Hello!" と言っても返事はなし。

 

怖い顔で私のパスポートと搭乗券を確認。

 

 

審査官との会話

 

審査官:Do you have a Swedish residence card?

 

私:Residence card.....? I don't have a residence card since I'm not living in Sweden.

My husband is Swedish, and he is in Sweden now, so I just wanna go there.

 

私が話している時も、鋭い目つきで私を睨んでいる様子。怖いです。。。

 

審査官:+?#$5@+※#?!

 

私:Sorry?

 

審査官: I want to see a return ticket to Tokyo from Copenhagen!!

 

すごく怒り口調です。

 

帰りのチケットなんて今は持っていないけど、メールに届いた予約確認書を見せればいいかと思い、スマートフォンを取り出し、探していると、、、

 

審査官:It's OK... You can go.

 

と投げやりに言い放ち、パスポートにスタンプを押し、通してもらえました。

 

気分はかなり低くなっていましたが、まずは新しいフライトを取り直さないとならないので、"transfer counter" へ向かいます。

 

(後半へ続く)

 

最後に

いかがでしたでしょうか。成田からコペンハーゲンに到着するまでは順調だったのですが...。

 

次回は後編、コペンハーゲン空港~ストックホルム・アーランダ空港までの記録です。

 

英語学習サイトのご紹介

 

私が出発する前日に「マナベル」というサイトで私のブログを紹介していただきました。

 

数あるブログの中から選んでいただき、大変嬉しいです。ありがとうございます。

 

「マナベル」では、TOEIC のレベル別に分けた勉強法や、英会話上達に役立つ情報を知ることができます。

 

英会話カフェやオンライン英会話の比較などの情報を、鋭く分析されているのでぜひチェックしてみてください。

 

ブログ全体も大変見やすく構成されています。

 

japanese.optballer.com