「カオス」の発音は?カタカナ英語と発音が違う英語9選!

今回もカタカナ英語と発音が違う英語を9つ選んでみました。

カタカナになっている英語はたくさんありますが、実際は本来の英語の発音と違うものばかりです。

どんなに英語っぽく言ったとしても通じないこともあります。

なので、知っている英単語でも発音チェックは必須です!

www.komichit.com

f:id:daozi:20200527204750j:plain

カタカナ英語と発音が違う英語9選

1、ピラティス

pilates【pilɑ’tes

「ピラティス」は人気のエクササイズですが、英語の発音はちょっと難しいです。

ドイツ人のジョセフ・ピラティスさんが考案したエクササイズでこの名がついています。

人によっても違いますが、最初の音は「ピ」と「パ」の間のような音で、「パラァテェス」のような発音です。

2、アンチ

anti【ǽntai, -ti | -ti

「反対者」「反対(意見)の」や「抗」の意味です。

最近は特にインターネット上で強い反対意見や悪意のあるコメントを残す人たちのことを「アンチ」と呼んでいますね。英語では “hater” と言われます。

“anti” は接頭辞としてよく使われる言葉です。

(例えば、反社会的→anti-social、抗老化(アンチエイジング)→anti-aging、抗ウイルス→anti-virus)

イギリス英語では「ンティ」と発音。

アメリカ英語では「ンティ」と「ンタイ」と発音する場合に分かれます。これは言葉や人によって違います。

ンティ」で通じますが、会話の相手が「ンタイ」と言う場合もあるので覚えておくといいでしょう。

3、マルチ

multi【mʌ’lti-, -tə-, -tai- | -ti-

※上がアメリカ英語、下がイギリス英語です。

「複数の」「多くの」という意味の接頭辞。

日本語にもなっている “multi-task” や “multi-coloured” 、”multi-vitamin” などの言葉があります。

「マルチ」はイギリスでは「ㇽティ」と発音。

アメリカでは「ㇽティ」と「ㇽタイ」と発音する場合に分かれます。

4、カオス

chaos【kéiɑs | -ɔs

日本語にもなっているカオスですが、意味は「混乱」「無秩序」の意味です。

発音は「ケィオス」のような感じです。

5、キャベツ

cabbage【kǽbidʒ

英語での発音は「キャベッジ」のようになります。

余談ですが、胃腸薬の「キャベジン」の名は、”cabbage in” という言葉が由来です。

キャベツに含まれるアミノ酸の一種の成分を含み、開発された胃腸薬です。

6、コストコ

COSTCO

コォスコゥ」のような発音です。

アメリカに50年以上住む叔母が、よく日本に帰ってくると「コスコに行きたい」と言っていて、最初は何のことだかさっぱり分かりませんでした。

調べたら「コストコ」のことと判明。英語と発音が違うのですね。

COSTCOが日本に進出した際、既に中国の輸送企業が「コスコ」で商標登録していたので、日本名は「コストコ」となったそうです。

7、イケア

IKEA

IKEA はスウェーデンの企業で、スウェーデンでは「イケェア」と呼びます。

しかし英語では、「アイキア」と呼ばれています。

基本的に英語は【母音+子音+母音】と続く時に、前の母音をアルファベットの本来の音で発音されることが多いです。

“IKEA” は【i+k+e】と続いていて “i” の音が「アイ」と発音されています。

8、ゴディバ

GODIVA【gədáivə

ベルギーの有名なチョコレートブランド。

イングランドの伝説に出てくるゴダイヴァ婦人(Lady Godiva)が名前の由来です。

”Godiva” は英語発音では「ゴイヴァ」。前に説明したように【i+v+a】と続いていて “i” が前のDの音と重なり、「ダイ」となっています。

フランス語の発音が「ゴディヴァ」です。

9、ニコン

Nikon

カメラや双眼鏡、顕微鏡などを設計、製造する日本の光学機器メーカー。

英語では「ナイコン」と呼ばれています。

“Nike” が「ナイキ」であることを考えれば納得。

“IKEA”、”GODIVA” と同じく、”Nikon” は【i+k+o】と続き、 “i” を「アイ」と発音します。

最後に

いかがでしたか。

地域や人によって発音の仕方が違う場合もあるので、何だかややこしいですね。

特に日本メーカーの「ニコン」を「ナイコン」と言うのは少し抵抗があります。

「ニコン」と言ってみて、通じなければ「ナイコン」と言い直すのもいいかもしれないですね。

実際は「ニコン」という名であることを教えてあげると、話しが盛り上がるきっかけにもなるでしょう。

“In Japan, Nikon is called “ニコン”.

普段英語を話す機会がない方、アウトプットの場にオンライン英会話がおすすめです。

www.komichit.com