「面倒くさい」って英語で?日常会話で使える便利な英語表現【気分が乗らない日】

今回は日常会話で使える簡単な英語表現をお届けします。

特に気分が乗らない日に使いそうな表現をいくつかまとめてみました。

誰でもそんな日はありますよね…?

f:id:daozi:20200514203320j:plain

日常会話で使える簡単で便利な英語表現【気分が乗らない日】

1、どっちでもいい

・Either is fine(good).

・Whichever is fine(good).

“Either(Whichever) is fine.” は “good” よりも “fine” の方が少し投げやりな印象に。(言い方にもよります。)

2つの選択肢の時に使います。

・It’s up to you.

「あなたに任せるよ」という意味で、「どっちでもいい」の意味としても使えます。

・It doesn’t matter.

“matter”は「問題」「事柄」などの意味。

否定形にすることで「問題ではない」「重要ではない」となり、「どっちでもいい」の意味としても使われます。ポジティブな意味として使えます。

ex) It doesn’t matter if you are male or female.

男性でも女性でもどちらでもかまわない。

2、面倒くさい

・I can’t be bothered.

“bother” は「邪魔をする」「困らせる」「悩ませる」の意味。

“It’s a bother.” だけでも使えます。

“can’t to be bothered to ~” で「~する気にならない」です。

・ It’s such a hassle.

“hassle” は「面倒なこと」の意味。

・It’s a pain in the neck.

直訳すると「首の痛み」です。

・It’s a pain in the butt / ass / arse.

最近では「首」よりも「お尻の痛み」で表すことの方が多いです。

“butt” 以外はとても下品な言葉なので使う時には注意してください。

butt、ass →アメリカ英語

arse →イギリス英語

首やお尻の痛み=「面倒なこと」で、使われるようになった表現です。

・I can’t be arsed.

“arse” はイギリス英語で「お尻」。

イギリスのスラングで、全く丁寧ではない表現なので使う時には注意してください。

3、やる気が出ない

・I don’t feel like doing anything.

そのまま「何もしたくない」の意味。

Bruno Mars の 『The Lazy song』の歌詞にも出てきます。

・I just wanna be lazy.

“lazy” は「怠けている」「怠惰な」の意味です。

・I just wanna stay in bed.

「ただベッドでゴロゴロしたい」=「何もしたくない」

4、別に…

・Whatever.

「何もない」「どうでもいい」の意味。

・I don’t even care.

「気にしていません」の訳ですが、「関心、興味がない」の意味が含まれる言葉です。

「どっちでもいい」の意味としても使え、「別にどうでもいい」のようなニュアンスになります。

“I don’t care” だけでも使いますが、”even” をつけることで更に強調されます。

5、微妙…

・That’s kind of iffy

「ちょっと微妙。」

“iffy” という言葉が「微妙な」の意味でカジュアルに使えるでしょう。

“kind of” を付けずに言うとネガティブな意味が強くなります。

“kind of” の代わりに “a bit” も入れられます。

・I don’t know about ~. / I’m not sure about ~.

直訳「~について分からない。」=「微妙」と同じようなニュアンスになります。

いいか悪いかをはっきり言いたくない、言葉を濁して言いたい時に使えます。

ex) I don’t know about this restaurant.

(このレストランは微妙かな。)

・It’s hard to say.

こちらも、評価の良し悪しを聞かれた時に「言い難い」「言いづらい」=「微妙」の意味で使えます。

最後に

いかがでしたか。

誰でも気分が乗らない日だってありますよね。

ただ、ネガティブなことばかり言っていると、周りの人たちを不快にさせてしまうので使いすぎには気をつけてください!