30歳から始める英語学習 Smilenotes

初級~中級レベルの英語の勉強方法などについて書きます

これって英語?英語と意味が違う和製英語10選 ビジネス編②

普段、よく使っているカタカナ言葉。英語っぽいけど実はそれは日本がつくった和製英語かもしれません。

英語だと思って英語の会話で使っても日本人以外には通じないことも...。

f:id:daozi:20190529181900j:plain

 

 

アフターサービス

・after-sales service

 

他の言い方では customer service とも言えます。

訳すと「顧客サービス」で、購入後のサポートの意味も含まれます。

購入後のサポートを強調して言いたいならafter-sales service がいいでしょう。

 

サイン

・signature

・autograph

 

署名の意味ではサイン(sign)は使わずsignatureを使います。名詞でのsignの意味は「符号」「記号」「しるし」「標識」「合図」などです。 

She made a yes sign.(彼女はyesのサイン(合図)を見せた)この時に使う「サイン」は英語と同じ意味になります。

ただ、動詞では「...に署名する」という意味があるので、このように使えます。

Could you sign here?(ここにサインしてもらえますか?)

名詞の signature の他に autograph という言葉がありますが、主に有名人にもらうサインの時には autograph を使います 。

 

ケースバイケース

・It depends

 

「場合による」という意味で使われる case by case(ケースバイケース)の元の英語は on a case by case basis です。 

英語での一般的な他の言い方では「頼る」「当てにする」という意味の depend を使って It depends. 「場合による」となります。

depend on...で、「...次第である」「...によって決まる」となり、 何によるのかを言いたい場合は、例えば

It depends on the day(その日によります)

It depends on the situation.(状況によります)

と言うことができます。

 

ブラインドタッチ

・touch typing

 

ブラインドという英語 blind は「目の見えない」「盲目の」 という意味です。この blind を使って blind date という言葉がありますが、これは第3者の紹介を通じて、まだ会ったことのない人と1対1でデートをすることを言います。

海外のドラマや映画を観ていると出てくることがあるので、覚えておくと話が飲み込みやすくなるでしょう。

ちなみに窓にかけるブラインドは、そのまま「blind」が使えます。

 

フリーダイヤル

・a toll-free number

 

フリーダイヤルの dial は(ラジオ・電話・金庫などの)ダイヤルの意味で、動詞として使うと「電話をかける」「(電話番号・金庫など)のダイヤルを回す」となり、ちょっと古いタイプの電話のイメージになります。

toll の意味は「使用料」「(道路、橋などの)通行料」です。

「料金が無料の番号」で a toll-free number が正解です。他にも free call や free phone との言い方があります。

 

フロント

・front desk

 

ホテルのフロントを言いたい時に front だけでは「前方」「正面」の意味になってしまいます。

企業やパーティー、ホテルなどの受付には他に reception desk も言えます。

観光案内所やデパートなどの何か情報を教えてくれるような場所では information desk も使えます。

 

アポ

・appointment

 

約束などの意味によく使われるビジネス用語ですが、英語で話す時にはアポ(Apo)では通じません。略さずに appointment と言います。

 

テレアポ

・telemarketer

 

日本語では「テレフォンアポインター」の略になり、電話で訪問などの約束をしたりする仕事を言いますが、英語では使われない言葉です。

telemarketerで、電話をかけて営業をする人のことを指します。

 

サービス

・free

・complimentary

 

英語の service(サービス)の意味は、「接客」「業務」「奉仕」などの意味があります。

日本語で「無料」「値引き」「おまけ」の意味で使う場合のサービスは和製英語です。

「無料」=free 「値引き」=discount 「(商品などの)おまけ」=free gift 

他にcomplimentary が「無料」という意味で使われます。

 

ホームページ

・web site

 

英語で Home page と言うとパソコンを開いた時のページの意味か、ひとつのサイトの一番最初に出るページのことを指します。

サイトの最初のページは home page か main page と言えます。

ページ全体を言いたい時にはweb site か web page を使います。

 

以上です。

ちょっとややこしいものもありますが、話しに食い違いが生じないためにも英語と和製英語の区別をしておきましょう。